|そう書いてあったのだ (紙キレてないで

そう書いてあったのだ
(紙キレてないですか?)
これをみると
「キレてないっすよ」と長州小力をやりたくなるのは私だけだろうか?
ってな話は別に持っているブログに昔にも書いたんだけど。
今日はキレていたのよ紙が。
会社のロールは上下二段あるんだけどどちらもきれていたの。
振り返るとちゃんと新しいトイレットペーパーはつんであるので
どこかの怪談のように
「紙くれー」とは言わずに済んだのだが
まぁキレるほどのことでもないがあきれてしまった。こちらの物件に
終わったら足してあげればよいじゃないの
みんないい大人なんだからさぁ
なんて
大人ぶっておもってしまう。
私の前の方、もしくはその前の方もかもしれないね、
上下あるんだもの。
やはり鈍い方であり:
(紙キレてないですか?)に対して
やはり小力の真似をするくらいしか思いつかない方だったんだろーなぁ。
テプラを貼った人は私の登校班の班長みたいな方かもしれない

素直に
(紙がきれたら補充をしましょう)とでも書いた方がよかないかい?
最近ACの宣伝をみていても
「こんなこといわれないとわからないのかな」と思うことがある
だけど私も言われないと気づかずにいろんなことをやらかしてもいるだろう
いってくれるのは良いのだ
結局は言い方だろう。
私のまどろっこしい長い話の意味が届いていますようにウインク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>